遊びは、最高の学び!

【リスクと社会性】

マリアナ・ブルッソーニ(発達心理学)

●身体を動かす遊びの重要性

リスクを伴う行動がケガを予防するのに、重要である。リスクコントロールの術を身に付けるからである。

子どもが危険な遊びを通して学ぶもの

1、身体の機能

2、快適でいる方法

3、世の中の仕組み

行動調査から緑地を好む子どもの実態。自然物のなかで、身体能力想像力を育む。

 自立心を持ち、外に出て、自分でやりたいことを決めて遊ぶ。その経験が、この年代の子どもに自信をもたせ、不安や憂鬱な気持ちを払拭する力をつける。それは子どもたちの健康や幸せに欠かせないこと。

社会性の基礎

キャシー・ハーシュパセック(発達心理)

「幼児期の遊びは一般教養の授業と同じ

その後の学校生活・人生全般の鍵を握る。」

新しい遊びを工夫したり生みだすことで、順応性・記憶力が伸びる。

 

 

子どもが遊びで学ぶ基礎力

1、遊ぶ時、ヒトは他人が何をしたいか知ろうとすること。

2、それぞれの役割を決める過程で譲り合うこと。

それは、民主主義社会を作るための基本的なルールを学ぶことである。

自然環境教育でSDGsに取組みます

ポイントラリー参加自治体